脱サラカフェ店長の日常

ごく普通のサラリーマンが急に何かに突き動かされたように会社を辞め、カフェを開業するまでとその後。

【脱サラ30日目】ついにOPEN!仕事や勉強をしながらくつろげるオシャレなコワーキングカフェ♪

【大人の隠れ家“コワーキングcafe work tree”OPEN】

 

 

f:id:yoppedayo:20191009142710j:plain

コワーキングcafe work tree OPEN

 

思いつきで脱サラして早30日が過ぎました。

先月まではどこにでもいる普通のサラリーマンで、唯一の楽しみは奥様とカフェに行くことと、月に一度のバンド活動という平和な生活をしておりました。

 

そんな僕がカフェをOPENすることとなり、右も左も分からない状況にも関わらず無事にOPEN出来た最大の理由は“出会い”です!

 

“出会い”と言っても“人との出会い”はもちろんのこと、

お店を開くための“物件との出会い”や、参考になった“お店との出会い”、

そういったすべての“出会い”が奇跡的に絡み合ってOPEN出来たと思っています。

 

【人との出会い】

1、カフェ好きになった理由

僕がカフェを好きになったのは、奥様との出会いのおかげです。

 

月に数回個人経営のオシャレなカフェに通っている奥様は、僕が普通に生きていたら存在すら知らなかった素敵なカフェをたくさん教えてくれました。

 

もともとかわいい置物だったり、内装の感じなどがオシャレだなと思う感性が近かったため、どのカフェもすごく素敵に感じられたのかもしれません。

 

2、メニューの考案について

メニューについては、僕の兄が地元で地域復興団体“SAVETAKATA”の代表をやっていたこともあり、物産展などで地元の食品を販売していたため、そこから思いつきました。

 

僕の地元は“岩手県陸前高田市”で、2011年3月11日の震災で市の大半が消滅しました。

そんな地元の復興に少しでも役に立てるのではないかと思い、地元から取り寄せた食品でメニューを出すことに決めました。

 

f:id:yoppedayo:20191009150919j:plain

メニュー表

 

3、身近にいた大工さん

内装工事はとても大変でした。

というのも、自力で出来る箇所は業者の大工さんに依頼せず、基本的に自力で行ったからです。

 

そこでひじょうに協力してくれたのが友人で靴職人の伊藤ちゃんですw

もともと大工もやっていた伊藤ちゃんは受付カウンター作りや、入口の手すりの作成を手伝ってくれました。

というかほぼほぼ一人で作ってくれましたw

 

突如思いつきで出したアイデアにも対応してくれ本当に助かりました!

伊藤ちゃんありがとう♪

 

f:id:yoppedayo:20191009150618j:plain

自作 受付カウンター

 

f:id:yoppedayo:20191009150833j:plain

自作 入口手すり

 

【物件との出会い】 

大学入学のため岩手から上京した僕ですが、大学を卒業してから国立駅のカラオケ店でアルバイトを7年ほどしていたため、僕にとって国立は第二の故郷と言えるほどなじみのある場所でした。

 

数年前から千葉や埼玉を転々としていたため、まさかこの穏やかで大好きな場所に帰って来ることになるとは思っていませんでした。

 

というのも国立で物件を探した最大の理由は、奥様の実家が立川だったということです。

来年1月に初めての出産を予定していることもあり、実家の近くでと思い探し始めたのも、大きな運命的なものを感じました。

 

そんな土地で、駅徒歩3分のビルの2階という、まさに“大人の隠れ家”に持って来いの物件を見つけることが出来ました♪

 

奥様の実家が立川でなければ・・・

運命としか思えません。

 

【お店との出会い】

前回の記事でレンタルスペースとの出会いを書きましたが、

都内にはひじょうに多種多様なカフェが存在していて、

そんなカフェとの出会いも今回このようなお店を開く参考になりました。

 

 

www.cafe-worktree.com

 

 

1、BOOKカフェ

一般的なカフェと違うところは、“読書をすることが目的”のカフェということです。

内装は本がたくさん並べられていて、複数人の場合も会話は基本的に禁止。

 

僕が行ったのは高円寺の“r座読書館”さんと、初台の“fuzkue”さんです。

どちらも素敵な雰囲気で、参考にさせて頂きました。

 

2、時間制カフェ

飲食代として料金が発生するわけではなく、時間で料金が発生する

時間料金制のカフェです。

当店もこの形態を取っています。一般的な言い方をすると“オープンスペースの漫喫”

といったところでしょうか。

 

神楽坂の“TOKICAFE(旧タイムズカフェ)”さんはかなり衝撃でした。

 

3、コワーキングカフェ

時間制カフェとひじょうに似ています。正直言い方の違いくらいのイメージですが、最大の違いは“コミュニティの形成が目的”という点かと思います。

 

コワーキングスペースとはフリーランスの在宅ワーカーなどがオフィスを借りると高額になってしまうため、シェアオフィスとして使い、目的が近いためその空間で共に仕事が出来る人材と知り合えるコミュニティとして人気のスペースです。

 

個人的には在宅ワーカーだけではなく、ミュージシャン同士の交流など趣味の同じ人との出会いを作り出せる総合的な“出会いの場”として運営出来ればと考えています。

 

 

 

その他にもたくさんの出会いがカフェOPENにつながったと思っていますが、

今回はこのくらいにしておこうと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それでは、また落ち着いた頃に更新しようと思います。

 

f:id:yoppedayo:20191009160024j:plain

コワーキングcafe work tree 内装

 

店舗名:コワーキングcafe work tree

住所:東京都国立市中1-10-8 ノア国立2F

営業時間:12:00~20:00

定休日:不定